現金化よりも中堅消費者金融「セントラル」の方が断然いい!

現金化をするよりも、間違いなく消費者金融の方が利率がいいですよ!

クレジットカード現金化や携帯キャリア決済の現金化が少し前から流行っていますね。

ショッピング枠や携帯電話料金との合算請求を利用してAmazonギフト券を購入。

購入したギフト券を、現金化業者と呼ばれる買取業者に転売し現金を手にするという方法。

換金率は業者によってバラつきがありますが、平均して87%です。

「高換金率95%」など謳っている業者もいますが、手数料がかかってふたを開ければ結局87%前後と平均程度です。

なかには、大手の消費者金融に融資を断られて仕方なく「最後の砦」的な感じで現金化に手を出している方も多いと思います。

更にその中には、「大手に断られて、中小の消費者金融から借りたいけど知名度が低くて知らない」や「中小の消費者金融も大手と同じ審査基準」と思っている方もいると思います。

そこで、審査が甘くて融資が受けやすい中堅の消費者金融と現金化を比較してみます。

今回は全国対応、振込キャッシングの「セントラル」と比較します。

web申込みで当日融資可能の「セントラル」

f:id:master07:20170131192307j:plain

融資額 1万円~100万円
実質年率 4.8%~18%
振込み 即日可能。(申込受付が午後2時以降になる場合は 後日)
必要書類 健康保険証(国保も可)または運転免許証等
担保・保証人 不要
申込み資格 ・満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方 (パート・アルバイト可)
公式サイト 株式会社セントラル

実質年率4.8%~18%とは?

実際に年率が決まる基準は何なのか、セントラルに電話で聞いてみました。

「長いお付き合いの方や高額の借入れになると年率が下がります。初回は18%です。」

ということで、年率は18%スタートです。

年率を月にしたらいくら?

年率18%を月で考えるとピンとこないですよね。

現金化と同様、1ヶ月後に完済するとして計算してみます。

■月利:18%÷12ヶ月=1.5%

・1万円借りた場合 10,000円(元金)×1.5%=150円(利息)

・10万円借りた場合 100,000円(元金)×1.5%=1,500円(利息)

■Amazonギフト券換金率87%

・1万円を換金した場合 10,000円×87%=8,700円

「1,300円も取られる。(これが利息のようなもの)」

・10万円を換金した場合 100,000円×87%=87,000円

「13,000円も取られる。(これが利息のようなもの)」

※実際には高額換金の場合、90%などに上がりますが、 それでも10%も取られるんです。上記の10万円の場合でも1万円です。

結果

結果は見ての通り、現金化の利率は悪すぎです。

また、現金化の事実がカード会社にバレるとカードを強制解約されたり、

最近では現金化業者を装った詐欺も多発しています。

現金化は利率が悪いだけでなく、リスクも背負う必要があります。

消費者金融は普通に返せばなんのリスクもありません。

現金化に手を出す前に、中小の消費者金融を試してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする